バンコク 駅前の物乞い

駐在前

こんにちは わに野です*

今回はバンコクの家探し中に見た風景について書きたいと思います
(少し暗いお話です)

スポンサーリンク

BTS沿いの家探し

バンコクの鉄道「BTS」沿線には日本人駐在員がたくさん暮らしています
我が家も通勤の利便性や日本人街に近い方が安心という理由でBTS沿線で家探しをしていました

駅でいうと5駅くらいの間に日本人がたくさん暮らしているそうです

ナナ駅、アソーク駅、プロンポン駅あたりに日本人駐在員が多いみたいですが、かなーーーーーり家賃が高め

我が家は家賃会社負担ではなく、○○バーツあげるから好きに使って!という補助なのでできれば家賃を安く抑えたくて….
もう少し中心から外れたエカマイ駅、プラカノン駅、オンヌット駅あたりで家を探すことにしました



エカマイ駅には日本の飲食店やショップがたくさん入っている商業施設「ゲートウェイエカマイ」があり、すれ違う人もほぼほぼ日本人なんじゃ無いかと思うほど日本人がたくさんいました

プラカノン駅はエカマイほど栄えてはいないものの飲食店が多く住みやすそうな印象でした

そしてオンヌット駅、内見の打ち合わせの段階で家賃が安めだな?と思っていました
駅近くに商業施設があると聞いていたのでここも候補ではありました


駅を降りるまでは


オンヌット駅前の風景


鉄道BTSは高架を走る電車なので駅前というより駅下といったほうがいいのでしょうか

駅を降りたらエカマイ、プラカノンとはだいぶ違う風景が広がっていました

(画像はフリー素材から)


駅から地上に降りる階段入口に白杖を持った盲目のおじいさんが立っていました
足元には小銭がたくさん入った大きなクリアボックスが置いてありました
募金箱だと思います 
何も言わずただ杖を持って立っているおじいさん

そのおじいさんを過ぎると今度は手足の全ての指が無いおじいさんが歩道にうつ伏せで寝ていて何かウーウーと呟いている….
バンコクは年中夏のような気候なので道にうつ伏せはかなり暑いと思います

そのおじさんのすぐ横にはカラオケをしているおばあさん
それも大型のアンプのようなスピーカー+マイクを使って本格カラオケ

他にも数名物乞いしている人がいたけど直視することができなかった

駅下はホームレス?の物乞いエリアとなっていました

その道を少し進んだところに大きな商業施設があって、流行りのタピオカを買って飲みました
が、なんか気分は晴れず

またあの道を通って駅に戻るのか….という気持ちでいっぱいになりました

この時点でオンヌット駅最寄には住めないなと思いました

バンコクの物乞い


今回タイ人のエージェントと不動産巡りをしていて、この風景について聞いてみた

すると想像していたことと違っていた

少ないお金で生活しているのかな、体が不自由だから働けないのかなと思っていたけど

タイの物乞いには大抵バックに黒い組織が絡んでいる
募金をしても本人たちにはお金がほとんど届かない

そして、体が不自由なおじいさんも物乞いタイムが終わると普通に街で買い物とかしてるよ

とのこと….ますます心が痛い….。

そりゃあんだけ立派なカラオケセット持ってるわけ無いもんね…
演技なのか、それが仕事なのかわからないけどやっぱみていていい気持ちでは無い

この駅周辺には住めないと確信した。

もしこの風景に出会ったら


もし旅行などでこんな風景に出会ってしまったら
お金は入れないほうがいいと私は思います

本人たちには届きません

そしてタイは物乞いは法律で禁止されています

警察も彼らの存在を知っているなら救いの手を指し伸ばしてくれればいいのに….と思いました




コメント

タイトルとURLをコピーしました